余計なスピードはいらない

eightのblackさんが好き

ジャムのユニット曲が最強にエモすぎる件

自分の名義では外れていたジャムコン、ご縁があって大阪1公演入れることになり、名古屋も行けることになりました!

名古屋は同行させてもらうことが割りと早い段階に決まったんだけど、大阪は行けなくなったという子から連絡があって、平日だけどたまたま休みとってたから行ける!ってなって、行かせてもらうことができました。その子は十祭の時に隣になった子で、そこからずっと繋がりがあって。こうやって人との縁が出来ていくのもすごいし、私は普段連絡とかマメなタイプじゃないので、中高からの友達で今も連絡とったり遊んだりする子ってほんのわずかなんだけど、やっぱり人との出会いは大切にしなきゃいけないなと改めて実感しました。

 

 

まあそんなこんなで参戦して来たジャムコン。ほんっとに最高でした!てか体感時間短すぎて、2時間半もあった??って本気で疑うレベル!

全体の感想は名古屋行った後に残そうと思うんだけど、とにかくこれだけは書きたいのが、

ユニット曲がエモすぎる

ということです。

 

 

私あんまりエモいって言葉普段あんまり使いたくないんです。なんか何でもエモいって言っとけばいいと言うか、とりあえず言葉で表せない感じをエモいという言葉に集約させて使われているような気がして、じゃあそもそもエモいって何だよ!と思っていました。というか今もその気持ちはあります。

でも今回のユニット曲のステージを見て、ああこれがエモいっていう感覚なんだなと思いました。

まあアルバムの詳細が出て、ユニット曲の組み合わせが発表になった段階で、おやおや?という感じがあって、実際に曲を聞いてみて、もしかしてこれってエモいってやつなんじゃないの?ってちょっと思ってて、ライブに行って、これがエモいだと確信しました。

 

 

じゃあどこがエモいのか、私の見解を書いていきます。

がっつりネタバレするので、見たくない人は注意して下さい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは三馬鹿のユニット曲、Answer。

まずアルバムで聞いた段階で、これはそれぞれが楽器やるんだろうなあと思っていました。

ところが実際にステージに現れた3人は楽器を持っておらず、踊っていました。そして後ろのモニターに映し出される、ジュニア時代の3人の写真達。そしてそれぞれのメンバーカラーである、赤・黒・紫が使われた衣装を身に纏い、上下するステージで3人が入れ替わり立ち替わりしながら踊る姿。

 

ああ、エモい...

 

もうこれは完全に公式が三馬鹿を推してきてます。

更にダメ押しで、最後に今の三馬鹿がジュニア時代に撮った写真と同じアングルで撮った写真がモニターに映って終わるんです。

もうどんだけこっちの気持ちを揺さぶれば気がすむんだ!という話です。

歌もよこひながすごく上手になってて、すばる君がこだわって作った高音パートもばっちりで、さらに感慨深くなりました。

 

 

そして年下4人のユニット曲、ノスタルジア

こちらは何よりこの歌が大好きすぎて、演出どうこうより、とにかくこの歌を聞くことが楽しみだったんですが、演出もとても良かったんです...

まず登場で、4方向に別れたメンバー1人1人に順番にスポットライトが当てられ、それぞれのソロパートが始まります。

そしてそれぞれのステージが動き出し、別々のところに立っていた4人がセンステに集まっていく。

 

うぅ、エモい...

 

これがノスタルジアの歌詞とぴったり合っててすごく良い。

 

進んで迷って立ち止まる時

君の声が道標になる

連れてって連れてって夜明けの向こうで

出会う"ひとつだけ"を信じてる

 

まさにここの部分ですよね!?

これをうまくステージを使って表現しててすごく良かった。しかもまた4人の声のハーモニーが綺麗で。大好きな曲が更に大好きになりました。

 

 

ただノスタルジアに関しては、衣装がちょっとね...

あの何とも言えない黄緑の衣装、正直みんなあまり似合ってなかったよ←

しかもその後の曲から三馬鹿もこのノスタルジアの衣装になってて、もっとあれ?ってなったよ←

でもこれ後でWASABIやるから、それに合わせての黄緑衣装!?とも思った。

でもこう思ったの私だけじゃなくて、公演後ちらちらこの衣装変だったとか、WASABIだからあの衣装だったんじゃない?とかいう声が聞こえて、私もみんなと同じ感覚で安心しました←

 

 

とまあとにかくユニット曲がエモすぎて、思わず書きなぐってしまいました。

もうこれは聴覚だけでなく視覚でもやられてしまいました。また名古屋でこのユニットが見れるの本当に楽しみ!!

もう最近仕事が嫌すぎて、これが終わったら何を目的に仕事すればいいのか分からないけど、もうあと2日、とりあえず耐えて、名古屋で鋭気を養ってくるぞ!!

関ジャニ∞NEWアルバム「ジャム」のここが好き

 

ジャムが発売されてもう2週間近くたち、毎日のようにジャムを聞いています。

 

今回初回が2パターンと通常盤の3形態。いつもは初回を買って、しかも2パターンあって特典映像だけ違ったらその映像の気になる方だけ買って、通常はレンタルするのが定番でした。でも今回は初回にユニット曲が分かれて収録されてる上に組み合わせも年上組と年下組、さらに通常盤にしか収録されない曲がある、しかもメンバーが作った曲ときたらもう全形態買わせようとしてるとしか思えない!迷った末、全形態買いましたよね。

 

 

でもこれ全形態買ったの大正解!!!

ユニット曲も通常盤の曲もすごく良かったし、特典映像もどちらもタイプが違う魅力が満載で、これは全部聞き逃せないし見逃せない作品でした。

 

 

ということで今回はジャムの収録曲についての感想、もとい私の好きなポイントについて。全曲書ければいいけど、書き出すとキリがないので、特に気になる曲について書きます。

 

 

1.DO NA I

まず歌い出しが横山さんー!!

「おれの好みのYOUとYOU」って、いしわたりさん確実に横山さんにここのパート歌わせようとして書きましたよね!? 大正解です。

 

まあこの曲に関しては、関ジャムで作詞のいしわたりさんと作曲編曲の蔦谷さんが制作時の思いやイメージ、過程を余すとこなく話してくれているので、それが全てなんですが、お二人とも関ジャニ∞にこんな歌を歌ってほしい、こんな関ジャニ∞を見たい見せたいという思いをもって曲を作ってくださってるのが、曲を聞いて強く感じます。

もうこの曲を聞く前に全ての人にあの回の関ジャム見てほしい!本当に関ジャニ∞愛されてる!あといしわたりさんからの手紙が本当に素敵で、作詞される方だから言葉の選び方が丁寧で的確。最後の曲名にかけたコメントも遊び心があって、本当に素敵な方だなあと思います。

 

個人的に好きなポイントはサビのtonightとドナイをかけてるとこで、ドナイの繰り返しのとこ、「ド・ナ・ナ・ナ・イ・イ」って、イを2回言うところがなんだかおしゃれだなあと思って好きです。

基本的にそれぞれのソロパートは、メンバーに合ってるなあと思うけど、特にすばる君パートの「間違いの恋でも素敵やん」も好き!ここはぜひすばる君にって指定した蔦谷さん、大正解です!!

あとこの曲で特に感じるのが、横山さんの歌い方が変わったなあということ。それまで横山さんの歌い方って、普通に歌う以外だとがなりぐらいしかなかったようなイメージだけど、ジレッタを経験してからか、遊びのある歌い方を身につけたってかんじ。具体的には冒頭の「おれの好みのYOUとYOU」の最後のYOUのとこと、「まじでちょっとドカンと言い過ぎとちゃう?」のちゃう?のとこ。本当に横山さん歌うまくなったね...

 

 

 2.えげつない

まさにえげつない曲作ってくれたよ、岡崎体育!絶対ライブで聞きたい曲です。

 

この曲で印象的なのはやっぱりラップバトルだと思います。組み合わせもちゃんと考えてくれたんだなあというのが分かります。

最初のくらやすが見事にラップバトルというかんじ。よこすばもいいんだけど、2人の場合文句の言い合いってかんじ← でも横山さんの「いやいやいやいやちょいまてちょいまて」はかわいすぎるし、すばる君は関パニの早口言葉でも思ったけど、やっぱり聞き取りやすい。

 安くんのラップがゴリッゴリの巻き舌で、ガラの悪さ全開。きっと喧嘩になったらエイトで1番恐いのって安くんなんだろうなと思ってしまいました。多分エイトのメンバーってもしジャニーズじゃなかったら、みんな結構やんちゃだっただろうなあ(特に三馬鹿)と思うけど、安くんって普段のふわふわなイメージに隠れて意外とそういうとこあるよね。結局みんなジャニーズ入って関ジャニ∞になってくれてよかった!←

 

 ラップバトルで持ってかれるけど、サビのメロディーもキャッチーで耳に残りやすくて好き。あと、エイトを偏西風に例えてからの「一筆で描いた2つの円は大体円になって乱気流を越えていくんだ」っていう歌詞がエイトのイメージに合っててすごく好き。

 

 

3.S.E.V.E.N転びE.I.G.H.T起き

THEユニコーン

言葉遊びが好きなユニコーンっぽい曲。あと単純に盛り上がる曲だなあという印象です。早くライブでワンツーワンツー!って言いたい!

ただ最初のアルファベット言うとこ、かなり言いづらい! 勝手に仕上がれの関ジャニをアルファベット言うとこも最初全然覚えられなくて、その時のツアーで1回目は全く言えなくて悔しかったから必死で覚えて、2回目は完璧に言えてすごく楽しかったのとやったぜ感がすごかったの思い出した(笑) 

今回はちゃんと最初から言えるようにしっかり覚えていきます←

 

 

 5.青春のすべて

これほんと水野さん節ってかんじ!サビの細かく音が動く所とかほんといきものがかりっぽい!亮ちゃんもレンジャーで書いてたけど、聖恵ちゃんバージョンも聞いてみたい。というかむしろ想像できる。

映像先行だからPVの綺麗な映像とぴったり合う綺麗な曲。ある程度年齢を重ねたエイトだからこそ歌えるし作ってもらえた曲だなあと思います。

 

 

4.生きろ

これね、本当に沁みる。

夢や希望なんかなくてもただ生きてるだけでいいんだよね。

夢や希望は無いよりあった方がいいのは百も承知。でもいつだってそんなものあるわけじゃない。小さい頃はもちろんだけど、大人になってからもやりたいこと、夢や希望って聞かれ続けるから、なんか夢や希望もなくただなんとなく生きてるって悪いことみたいに思われがちな気がするけど、そういう時があってもいいじゃないかってすごく背中を押される曲。世の中の応援ソングって、むしろ夢を持って、その夢に向かって諦めずに頑張れって曲が多いと思う。もちろんそれも大事だけど、みんなに響くわけではない。そんな中現れたすばる君流の応援ソング。私もそれなりに歳をとって、まあ昔からあれやりたいこれやりたいっていうのが無い子供だったけど、ますます私のやりたいことってなんだろう、これからの人生どうなるのか、このままでいいのかとか悶々と考えるようになってきて。でも考えるだけで答えは出ず、だらだらと現状維持ってかんじになっていて。そんな中現れたすばる君流の応援ソング。すごく沁みた。とりあえず生きてればいいんだよね。きっとこれからも道標になってくれる曲だと思います。

そんな曲をすばる君が作って関ジャニ∞が歌う世界。この時代に生まれて良かったー!

 

 

5.Traffic 

ただただかっこいい!亮ちゃんは自分が思う確固たるかっこいいを持ってて、形にするのが上手だなあと思います。あとほんとバンドスタイル好きだよね。

楽器や歌のユニゾン部分で、車で走ってる時の疾走感が表現できてて、自然とノってしまう曲です。

レンジャーで亮ちゃんが、演奏重視にしたから大倉君と丸ちゃんの歌うパートが少ないって書いてたけど、全然気にならなくて。レンジャー読んで聞き直したら確かに普段に比べると少ないなあと思ったけど、同時に横山さんのパートも少なくないかということに気づいてしまった(笑) でもその分トランペットで活躍してくれそうです。

まあそもそもそんな歌割りとか気にならないくらい単純に曲がいいんだよね。やっぱり亮ちゃんのかっこいいはかっこいいよ!

 

 

6.ノスタルジア

この曲本当に好き!アルバムの中で1番好きな曲!

なにより爽やか!この爽やかさが年下組の歌声に合ってる。歌詞に合わせたスタッカートぎみな歌い方がまたこの爽やかな曲にぴったり。また蔦谷さんのアレンジがすごく良い。関ジャム見たかぎり、蔦谷さんのアレンジって後付けなんだろうけど、4人の歌声聞いて、この爽やかなアレンジにしたのかなあ~とか、普段アレンジのこととか全く注目しないけど、そんな想像を思わずしてしまうくらい、後ろで鳴ってる音も綺麗で大好き!

特に1番のサビの安くんのソロがすごく良い。ちょっと癖を押さえた歌い方なんだけど、しっかり思いを乗せた歌い方で、思わず泣きそうになります。

歌詞もまた素敵!サビの韻を踏むまではいかないけど、母音を揃えた言葉を畳み掛けるように持ってきていて、込み上げる思いが伝わる。

もともと関ジャニ∞全員の曲として候補にあった曲だけど、これは4人のユニット曲にして大正解!!すばる君の声って特徴あるし、ひなちゃんもどちらかと言えば地声に近い歌い方だから、メッセージ性の強い曲とか勢いのある曲には合うんだけど、この爽やかな曲には合わなかっただろうなあと思う。

正直ユニットは三馬鹿のユニットを楽しみにしすぎてたから、こんなにも年下組が良い曲持ってくるなんて...やられたっ!というかんじです。

 

 

7.Answer

三馬鹿のユニット曲なんて最高に決まってると聞く前から思ってたけど、やっぱり最高な曲でした。年上3人が同じようなことを考えてる関ジャニ∞はこれからも大丈夫だと思わせてくれます。字のごとく苦楽を共にしてきた3人のまさにアンサーソングになっている。私は綺麗な部分だけでなく、泥臭く汚い部分も見せてくれる関ジャニ∞が好きなんですが、まさにそういう部分も見せてくれる歌詞です。

 

あと生きろを聞いた時も思ったんだけど、すばる君って言ってることとか歌詞に書くこととかは昔から変わらないけど、こんな明るい曲を書くようになったんだなあと思った。歌詞が結構重たい分、曲までスローだったり暗かったりすると、たぶん重たくなりすぎて聞いてられないぐらいだと思うけど、どちらも曲がちょっとキャッチーだから、すんなりと入ってくる。あとアレンジも色んな音を使って遊びが入ってるのも聞きやすくなってるなあと思う。特に私が好きなのは終わり方!ピタッと終わる音じゃなくて、上にひゅっと落ち上がるように終わる音。例えるなら、雫がぽたっと落ちるのを逆再生したみたいな音。あの音で終わるのが印象的ですごく好き。

 

それからすばる君って横山さんがトランペット始めたことをメンバーで1番喜んでるなあと改めて思った。生きろもAnswerも随所にトランペットが入ってて、ライブでどんなかんじでやるかは分からないけど、すばる君は横山君のこの挑戦を本当に誇りに思って、どんどん武器してほしいと思ってるんだろうなあと感じる。すばる君の仲間の尊敬できるとこを素直に伝えるところ、本当に好きだなあ。

 

 

 

他にも罪と夏で始まるの夏のアルバムにぴったりすぎるとか、今のダンスかわいい!とか、安くん作詞作曲の曲の言葉数と細かいメロディーさすが!とかまだまだ言いたいことは沢山あるけど、とにかく言いたいのは...

ジャム、最高でーす!!!

これまでの経験を確実に自分達のものにして、提供していただいた曲もメンバーが作った曲もシングル曲も自信を持って世間に出せる、さらにレベルアップした関ジャニ∞を存分に感じられるアルバムです。

関ジャニ∞ってどうしてもおもしろい関西のお兄さんのイメージが付いて回るし、それは最高の魅力なんだけど、それだけじゃなくて音楽もみんな真剣に取り組んで良い曲を届けたいって思いに貪欲なグループでもあるんだよってことを世間に知ってもらいたい。ジャムはそれをアピール出来るアルバムです!

どうか幅広い人に関ジャニ∞の音楽が届きますように!!

METROCKのセトリが素晴らしかった件

横山君の誕生日も大倉君の誕生日も終わってしまって、エイタメのDVD発売になって感想とか書きたいなあと思ってるけど、今回はとりあえずこれだけ言わせて下さい!

 

 

関ジャニ∞、METROCKお疲れ様でした!

 

 

私はお留守番組で、Twitterで流れてくるTL見てわくわくどきどきしてたけど、終わってみればセトリは最強だし、ファン以外の方の評判は良かったしで、見てなくても最高のステージになったことが分かりました。関ジャニ良かったって感想見るたび、本当誇らしくて、ああ、こんなにかっこいい人達のこと好きになれて幸せだなあと思いました。

そこで今回は、アウェーの地で見事結果を残したセトリについて考えたいと思います。ま、私は行ってないので、ただセトリを見てその素晴らしさを語りたいだけなんですけどね。こんな自己満なちっぽけなブログだけど、METROCKで少しでも興味持った人に届いてほしいなあ。

 

 

今回は選曲のバランスが最高、まずこれに尽きると思います。

シングル曲(5曲)、アルバム曲(4曲)、カップリング曲(1曲)と満遍なく選ばれたセトリ。最初にみんな知ってるズッコケで掴んで、演奏技術が求められ、かつ盛り上がる勝手に仕上がれでロックファンの心を掴む。素晴らしい流れですね。

あと今回の曲、フェス常連の方からの提供曲が多いと思うんです。OKAMOTO'S、高橋優、レキシはもちろん、藍坊主、峯田さんと多分フェスに来てるような人が聞いてるもしくは聞いてきたアーティストだと思います。だから知らない曲でも自然と耳に入ってきて、ノれたんだと思います。あの超メジャーなズッコケでさえイナズマ戦隊の提供ですからね!

あと楽曲提供ってやっぱり提供してくれた側のファンにも多少は認知されるというのもあります。前に先輩(男)と同期と車に乗ってた時に言ったじゃないかが流れたんですが、その先輩に「これって関ジャニじゃろ」って言われて、全然ジャニーズとか知らなそうなのによく知っとるなあと思ったら、峯田が作った曲だから知ってたとのこと。そこで楽曲提供って提供された側だけじゃなくて、した側も知ってることもあるんだなあと思ったんです。楽曲提供って双方にとって影響力があることを実感しました。

 

 

そして提供曲の中にメンバー作成の曲を入れ込む挑戦さがすごい。

多分セトリ決める時に、亮ちゃん自らTokyoholic入れようとは言わないと思うんです。きっと他のメンバーの意見があって、それにみんなが賛同してセトリに入った。それって、メンバーが作った曲のことを他のメンバーがしっかり評価して認めているということで、メンバー同士で良いものには良いと言える関係性もすごく素敵だと思います。

 

 

あと全体的に掛け声というかみんなで歌えるフレーズがあって、インパクトに残りやすかったのも良かったと思います。実際に、宇宙に行ったライオンは「遠くへ」勝手に仕上がれは「にーにににー」Tokyoholicは「東京をディスった歌」と言うように書かれていたツイートも見ました。初めて聞いた歌でも印象に残る部分があれば、後から調べやすいので、興味を持った人が調べてくれる可能性も高まり、そこから新たなファンを獲得するチャンスになると思います。

 

 

あとこれは完全に私個人的な好みの問題なんですが、今回勝手に仕上がれが入っていたのがすごい嬉しくて。初めて元気が出るCDでハイスピからの流れで聞いた時、これはミセテクレみたいにバンドの定番曲になってほしいと思ったんです。私、ミセテクレって大好きな曲で、あの曲のライブ時のかっこよさって半端ないし、あのすばる君の「ミセテクレーーー!」を聞くと、ああこれから関ジャニ∞バンドメドレー始まるぞっていうスイッチが入るかんじがあって。多分もっと長年のファンの人だと、毎回やるからもういいよって思ってた人もいるとは思うんですが、私は1曲ぐらいバンドメドレーの定番曲ってあってほしいなあと思います。そして勝手に仕上がれはそんな曲になりそうな気がしていました。実際元気が出るLIVEの時もあの曲の盛り上がり具合は本当にすごかったし、掛け声の一体感もすごかった。だからこれは絶対ずっとやり続けた方がいいと思ったんです。でも次のエイタメではもうセトリに入ってなくて、少しがっかりしました。ああ、あれはアルバムの1曲にすぎなくて、あのアルバムありきのツアーでしかやらないのかなあと思いました。そんな中で今回勝負の場でセトリに入ってきて、メンバーにとってあの曲はちゃんと今後もやりたい曲の候補になり得てるんだなと思ってすごく嬉しかったです。これを気にツアーの定番曲になることを願っています。

 

 

ま、夏のドームツアーは外れたんですけどねー(;_;)(;_;)(;_;)(;_;)

 

 

あんなほぼアウェーの中である程度の結果を出し、自信と少しの悔しさを持ち帰って、またその魅力を増幅させたエイトを見たかった...

でもまだ諦めてはいないので、復活当選があることを願いつつ、頑張りたいと思います。

 

 

とりあえず今は6月の横山君の舞台だけを楽しみに生きていこう。早く6月になってくれー!!!

自担の好きなところ

横山さんの新しいハイチュウのCM素晴らしすぎません??(突然)

きっと全ての横山担が一度はふにふにしたいと願う、あの白もち肌を全面に押し出した夢のようなCMですね!

猫ちゃんとかわんちゃんと同じようにされるがままにほっぺたふにふにされる横山さんが愛しすぎる。私も横山さんのほっぺたふにふにする仕事したい←

 

 

 

そんな愛らしい横山さんとは一変して、舞台のフライヤーの横山さん、かっこよすぎません!?

そんな横山さんの舞台、なんとか1回は見れることになりました!(泣)

前回のブルームーンは外れたから、初めての横山さんの舞台。というより人生初めての舞台が横山さんの舞台。生きてて良かったー!

これでまた6月までは生き延びられます。

 

 

さて、突然横山さんを愛でるところから始まったんですが、最近友達にA-studioを見て、横山君の印象が変わったと言われたんです。

その子は大学の友達で、私が横山君のファンなこともよく知っている友達で。その子の誕生日に久しぶりに連絡をとったら、横山君が出たA-studioを見たようで、「横山君って壮絶な人生を歩んでたんだね、尊敬したわ」と言ってくれました。

そう言われて、そうなんですよ!普段テレビではお笑い担当みたいにうつされるけど、それだけじゃないんだよ!と思ったと同時に、私が横山君を好きになったのって、テレビではあんまり見られないというか見せてない部分に惹かれたんだよなあと思ったんです。

 

 

だから今回はずっと書きたかった横山さんの好きなところについて!

まあこれが書きたかったのって、万が一億が一横山さんに遭遇した時、あなたのここが好きなんですって伝えたいから、いつか整理する意味でも書きたいなあと思ってたんです←

私、笑ってコラえての朝までハシゴの旅が大好きで、今横山さんに出てほしい番組No.1なんですね。

だってぴったりですよね!?お酒大好きだし、芸能人として幅広い年代に認知されてるし、トークもできるし、酔っ払った横山さんふわふわ天使だし。

で、横山さんがこれに出た時、万が一億が一遭遇して、横山さんと相席することになったら、横山さんにあなたのここが好きだからファンなんですってことを伝えたいという野望がある、というより妄想するんですね←

もちろん分かってます!都内に住んでるならまだしも、広島に住んでるし、そもそも広島でハシゴの旅なんてしないだろうし、そんなに広島市内で飲み歩かないから、絶対そんなことありえないんだけど。

横山さんって、関ジャニ∞のファンって言っても、だいたい錦戸か大倉のファンでしょ?って思ってる節があるように感じるんです。だからそんなことないよ!横山さんのファンは横山さんのこういうところが好きなんですよ!ってきちんと自分の口で届けたいってどうしても思ってしまうんです。

ま、それは叶わないので、ここで思いの丈をぶちまけたいと思います。

 

 

と、導入がどえらい長くなってしまったんですが行きます!横山裕の好きなところ!

 

 

1.顔がかっこいいところ

2.優しいところ

3.おもしろいところ

 

まずものすごく簡単に3つ挙げるとするとこれ。個人的にこの順番にすごいこだわりがあって。

多分世間ではエイトのビジュアル担当って、錦戸・大倉って思われてると思うんだけど、横山さんも相当かっこいいんです。みんなちゃんと見てる?あんな整ったイケメンいませんよ?よく見て?って思うことが多々あるので、ここが1番最初なのは譲れません。

次点は優しいところ。そこも譲れないし、ここは掘り下げたいとこなのでのちに詳しく。

 

 

一応ビジュアル、内面で掘り下げたいので、まずはビジュアルで細かく。

 

4.肌が白くて綺麗で透明感ありすぎなところ

5.金髪が似合うところ

6.手が大きいところ

7.裏声が綺麗なところ

8.スタイルがいいところ

 

私横山さんの金髪大好きなんです。十祭の時東京では金髪で、大阪参戦予定だった私は、ついに念願の金髪横山さんが見れる!とわくわくしてたのに、大阪では黒髪になってて、少しだけがっかりしたぐらい横山さんの金髪押しなんです。

持論だけど、金髪が似合う人って顔が綺麗な人だと思ってて。だから横山さんはスーパーイケメンなんですよ←

あと私、手フェチなんです。手フェチでも、ごつごつした手が好きとか、手の血管が浮き出てるのが好きって人多いと思うんだけど、私はあんまりそういう細かいとこじゃなくて、単純に手が大きい人が好きなんです。

だから横山さんの手は本当にストライク!(あとエイトだと丸ちゃんも結構好みの手)

もう1つ私、男の人の裏声も大好物で。kicyuの裏声とかもう悶絶レベルなんですね。ほんと、横山さんの裏声の良さを分かってて作曲した安くん天才ありがとう。

そしてスタイルの良さですね。前はぽっちゃりキャラで、痩せるためにジム行くとこ考えられないとか言ってたのに、今じゃしっかりジムに通って、バッキバキになってるの愛しい。

 

 

では続いて内面

9.メンバーのことが大好きなところ

10.家族を大切にしているところ

11.ファンが喜ぶことを考えてくれるところ

12.さりげなく優しいところ

13.人に気をつかえるところ

14.実は人見知りなところ

 

 

やっぱり横山さんと言えばメンバー思い、家族思い、ファン思いだと素直に思えるんです。

ことあるごとに関ジャニ∞が大好き、関ジャニ∞で良かったと言う横山君が好きだし、仲間を素直に褒められる関係な関ジャニ∞が好き。

家族思いという点に関しては、多分私が横山担になろうと思った1番のポイントかもしれない。ファンになるまでは横山君って、とにかくおもしろくてテレビでバンバン前に出ていく人ってイメージで。

でもそのイメージを覆されたのが、横山さん作詞のオニギシやみかん、413man聞いたことでした。どの曲も家族の言葉や家族との出来事を歌った歌です。これらの曲を聞いて、横山君っておもしろいだけじゃなくて、家族思いで優しい人なんだと思って、一気に横山君のイメージが急上昇し、ファンになっていったんです。特に、413manは亡くなったおばあちゃんに向けておじいちゃんとの思い出を書いた曲だとラジオで言っていて、本当に優しい人だと思ったし、結局この曲が完成する前におばあちゃんは亡くなってしまって、おばあちゃんに聞かせることはできなかったけど、そのお葬式でメンバーのことを誇りに思ったからその思いを歌詞に入れたところも、横山君らしくて、すごく好きなエピソードです

 

 

そして横山君ってすごく優しいんです!(突然)しかもさりげない!

私ひねくれてるから、見えすぎな優しさってちょっとひいちゃうんですよね。だから横山君みたいに、言葉では言わないけど、行動で大切に思ってくれてるのが分かるような優しさがいいんです。

一昨年のツアー、名古屋ドームで初めてのアリーナがあたり、しかも席が花道真横で。初めて作ったうちわを見て、ありがとうって口パクで言ってくれた時の優しい微笑みを私は忘れません!今もその残像で生きてます!←

あとすばる君が、メンバーの中で優しい人は?っていう質問に、他のメンバー思いが安くんとか丸ちゃんを挙げる中、昔からずっと横山君って言ってるのも、横山君が優しい人っていうのをすごく表してると思うんです。

 

 

あー、やっぱり書き出すと止まらないよ、横山さんへの思いが!

でも本当に最近、横山君の表には出てなかったファンは実は知ってるんですよと思ってた良さが、表に出てきてる気がしてならないんです。だから、どんどん好きが増してくんだよなあ。

 

 

 

そしてそして!アルバムの詳細も発表されましたね!今回も楽曲提供者が豪華!関ジャムでの共演者の方ばかりで、ほんとこの番組やらせてもらえて良かった!特に私は蔦谷さんの曲が楽しみです。あと願わくばそろそろまた丈弥さんに曲作ってほしいな~

 

最近いろいろとリアタイできてないから関ジャムとかクロニクルとか昨日のMステ等録画がどんどん溜まってる~

とりあえず関ジャムのベース回めちゃくちゃ楽しみにしてたから早く見ないと!

 

少クラ見て風磨君の印象が変わった話

私は基本エイトばっかりで、ファンクラブ入ってるのはエイトだけだし、コンサートもほぼエイトで、ジャニーズでエイト以外だとキスマイヲタの友達に誘われて1回だけ行ったくらい、CD・DVDを買うのもほぼエイトです。(ただグループだと次点でえび押しなので、ほんと時々DVD買います)

でもやはりそこはヲタの性、別グループも気になるので、テレビに出てたら見るし、録画もしてます。とりあえずエイト以外で毎週録画にしてるのは少クラ・まいジャニ・火曜日ヒルナンデス・いただきハイジャンプ・真夜プリ・ブンブブーンなかんじです。

その中少クラ録画してるの見てたら、風磨君がすごくいいんです!

 

 

これまでの私の中で風磨君の印象はとにかくふざける子、歌い方に癖がある子ってかんじで、正直私個人的には風磨君の歌い方が苦手で(ファンの人ごめんなさい)

そしてセクゾでいる時、おふざけ担当みたいなかんじで、みんながかっこいいこと言って、最後風磨君がふざけてオチみたいなパターンが多いイメージで、あんまり本心見えにくい子だと思っていました。(ただ私はセクゾの良いところって、ふまけんがふざけるのを年下3人がちょっと呆れつつつっこむとこだと思ってます。)

 

 

そんな風磨君の印象ががらっとかわったのは、3月8日の少クラを見てからでした。ちょっと日付は曖昧なんだけど、絆がテーマの回です。

その回は勝利君、健人君、風磨君の3人のスペシャルステージが組まれていました。

まずは健人君が東日本大震災の被災者に向けたメッセージと共に、亀梨君の絆を歌いました。

ああ、今日はこんなかんじな回なのね。

と思いながら見てました。

健人君の思いはすごく伝わったんだけど、なにせひねくれた人間なので、こういうの仰々しくされるとちょっと冷めた目で見てしまうところがあって。(完全に私が悪いんだけど)

じゃあ次の勝利君、風磨君もこんなコメントが続くのねと思っていたら違った。

 

 

次に風磨君が映されて話し始めると、おや、これはさっきと違うぞと気がついた。

それは仲間である勝利君に向けたメッセージだった。

勝利君は今年20歳になった。そして勝利君にとってつらい出来事があった。

それは私達には計り知れないほど辛かったと思う。でもそれを1番感じたのはいつもそばにいたメンバーだったのだろう。風磨君の勝利君へのメッセージはまさにその思いが溢れていた。

あまり辛いとか口に出さない勝利君のことを心配する気持ち、でもだからと言って無理に話を聞きだそうとするんじゃなくて、いつでもメンバーがそばにいるよと伝えるところ、風磨君の勝利君をすごく大切に想っている気持ち、セクゾが大好きな気持ちが伝わった。

 

 

そこから自分が作詞した歌を勝利君と一緒に歌う。

勝利君はもう必死に涙を堪えて歌うんだけど、そこでまた風磨君が勝利君の肩を抱き寄せ、頭を撫でる。

そこで勝利君の涙腺も私の涙腺も崩壊した。

 

 

風磨君って今まで何考えてるか少し読めないところがあったけど、この少クラを見て、風磨君の印象が変わった。

本当は仲間想いで誰よりも仲間を大切にする、思いやりのある優しい子。

 

 

 

あと風磨君の歌い方苦手だったけど、この曲はすごく風磨君に合ってたし、この回で披露してた新曲もすごくかっこよくて。多分今までのセクゾのシングルが風磨君に合ってなかっただけなんだなあと思った。でも多分シングルだともう少しかわいい曲が続くだろうから、風磨君の魅力が爆発するのはもう少し先になるのかあと思ったり。

 

 

 

この少クラを見て、やっぱり私はジャニーズのグループごとにある物語やメンバー同士の関係性が見えるところが好きだと思った。

だからジャニヲタはやめられない!! 

「破門 ふたりのヤクビョーガミ」見てきました

1月28日、我らが横山裕主演、「破門 ふたりのヤクビョーガミ」が公開初日を迎えました。

先週は本当に宣伝ウィークで、たくさん横山さんをテレビで見れて嬉しかったです。特にAスタジオは涙なしには見られませんでした。周りの人のことをすごく考えてる人だなと改めて感じたし、そういうとこが本当に大好きだと心底思いました。これもちょっと改めて書きたい!

 

 

さて、破門公開初日なんですが、舞台挨拶めちゃくちゃ行きたかったけど、安定の落選だったので、せめて初日に横山さんの勇姿を見ようということで、昨日見に行ってきました。普段だったら1人で行っちゃうとこだけど、ちゃんと横山さんの言いつけ通り少しでも沢山の人に見てもらうため、友達2人も引き連れて見てきました。

 

横山さんの主演映画、しっかり自分の感じたことを記録に残したいと思うので、ここからは映画の感想を。がっつりネタバレします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストーリー的には橋爪さん演じる小清水との騙し騙され合いが何度も出てきて、なかなか先の読めない展開がおもしろかった。これで騙し取られたお金が回収できる!と思ったらまた騙され、さらには別の組との抗争も始まって、ずっとはらはらするような展開だった。

 

横山さん演じる二宮は、本当にぐーたらビンボーという肩書きそのまんまの人物象。最近の横山さんは鍛えてシュッといてるからあんまりそういうイメージ無かったけど、しっかりぐーたらビンボーの二宮になっていた。

普段は蔵之介さん演じる桑原にいらんことばっかり言ってるけど、ふとした時に確信ついたことをぼそっと言って、そのセリフの緩急が良かった。セリフ自体ははっきり覚えてないけど、桑原の舎弟2人に「桑原のことを馬鹿にしてるのに、結局桑原のことを頼ることしかできない自分が1番情けなくて嫌な奴だ」みたいなことを言っとるシーンがすごく良かった。(あー、ここすごく良いセリフなのに全然覚えてないー!次見る時にはちゃんとここ覚えれるように聞いとこう!)

 

 

ヤクザの抗争も描かれてるから、アクションシーンというか乱闘シーンも多くて、結構生々しい映像もあったけど、雑誌とかで蔵之介さんがコメントしてた通り横山さんは北川景子ちゃんとかキムラ緑子さんのシーンで暖かみを感じられて良かった。

特に緑子さんとの実家でのシーンがすごく良かった。そんなに頻繁には帰って来ないし、不安定な仕事してて、どうしようもない息子だけど、母親はどんな子供だって1番に心配するし、最後には支えてやる存在でありたいと思ってるものだということが描かれてて、前の日のAスタジオの流れもあって泣けた。あと二宮が突然帰ってきて、「ご飯は?」ってお母さんが聞いて、最初は「あー、食べてきたからいい。」って言うんだけど、「やっぱちょっと食べてくわ。」って言うとこがすごく好き。

二宮とお母さんの関係が、二人ともお互いのことを心配してるとか感謝してるとかあんまりはっきり言わないんだけど、ちゃんとお互いのことを想ってることが伝わるさりげなさが見えた。これって私の理想の家族象で、家族ってもちろん大事なことは言葉にしなきゃいけないけど、全部を言葉にしすぎてもいけない気がして。でもやっぱりお互いのことを大切に想ってるってことは伝わらないといけない。その絶妙な加減が描かれてて、理想だなあと思って涙出そうだった。

 

北川景子ちゃんとのシーンも良かった!ほんっと2人が良い雰囲気すぎて、まじで付き合ってほしいと思ったもん← DAIGOと結婚してなければな~← 

景子ちゃんも関西人だから関西弁も自然だし、素っぽくてよかったし、何よりかわいい。

いとこっていう設定もいい。兄弟ほど何でも言い合えるって感じじゃないけど、昔から知ってるから他人ほど遠慮しない。恋人になり得るんじゃないかっていうちょっとしたどきどき感もいいよね~

 

物語が進むにつれて、二宮の桑原に対する考えが少しずつ変わってくんだけど、その時の二宮の表情がすごく良かった。別の組にボコボコにやられた桑原達を助けに行くか迷うシーン。桑原のことは嫌いだし、こいつと関わったら騒動に巻き込まれるからもう関わりたくないと思ってるけど、頼りにしてしまってるし、助けてもらったことも何度もある。縁を切りたいけど義理もあるしほっとけない。怖いし自分の身も危ない、でも助けに行った方がいいのは分かってる。それまでの登場人物のセリフをバックにそんな思いがぐるぐるしている時の葛藤を表情でしっかり表現してた。横山さん演技本当に上手くなった。

 

 

横山さんは無かったけど、アクションシーンはほんとすごかった。かっこいいっていうか激しい。ヤクザって設定だから容赦ない。あまりにも生々しくて顔を背けるシーン何回もあった。特に菜箸でほっぺた貫通させるとこ!菜箸でほっぺた貫通するってある!?もう「菜箸!菜箸!」って心の中で叫びながら見てた(笑) 濱ちゃんもアクションシーン頑張ってた!!

濱ちゃんの役すごくハマってた!チンピラ上がりじゃないから、なんか上品というかちょっと小綺麗なのがぴったり合ってた。あともう1人の舎弟役の矢本君がとにかくかわいい。憎めないお調子者!矢本君こういう役多いけど似合うんだよな~

 

 

ではあとは横山さんのかわいかったポイントをつらつらと。

・建設コンサルタントって言葉ちゃんと言えてない滑舌の悪さ(笑)

・予告でも流れてたビニール紐でくるくるされるとこ、やっぱりかわいかった。あの真顔が秀逸

・泡風呂で片足伸ばして泡ふぅーってさせるとこ!

・ボコボコにされた矢本君を犬小屋に匿う時「ここでハウスしといてな!」って言うのただの横山さんだった(笑) これ絶対横山さんのアドリブだと思うんだけど違うかな~?

 

 

そして出演者が豪華なのをすごく感じた。國村さんと緑子さんがやっぱり上手い。橋爪さんは上手いというかもうさすが。ただの腹立つズル賢いおっさんでしかなかった。

あと職業柄、そんな大金本人でもないのに当日すぐ出せるわけないよ~と思ったり、濱ちゃんが銀行のロビーで読んでる冊子とか貸金庫が見覚えありすぎてちょっとげんなりしたわ~

 

 

最後なぐりガキBEAT流れた時、本当に映画に合った主題歌になってた。CDで聞いただけだと思わなかったけど、映画を見た後、こんなに映画に合った曲だったんだと気づいた。映画に合ってるというより二宮にぴったりな曲。特に2番、横山さんのソロのとこ。あそこを横山さんにあてた人、ちゃんと映画見て下さってる。

 

 

総括!ぐーたらビンボーになりきった横山さんの勇姿、多くの方に見てほしい!蔵之介さんの振り切ったヤクザ姿も必見!2人の軽妙なやりとりはほんとに息ぴったり!ぜひとも皆さん劇場で見て下さい!(横山さんの言いつけ通り宣伝したよ!←)

 

さあ次はセリフに注意してもっかい見たいな。

私的エイタメ振り返り part2

家に着きました。本当の意味で私のエイタメツアーが終わりました。

あとはオーラスのレポを楽しみに待ちます。7人みんなが元気でかっこいい姿を見せてくれますように。

とりあえず帰ってきたら雪がすごくてただただびっくりしてます。大阪は雪なかったよ?西に帰ってきたはずなのに... いつ降ったんだ!

 

 

 

ではエイタメツアー感想書こうと思ったら予想以上に長くなったのでpart2!

続いて名古屋公演、大阪公演それぞれのツボをつらつらと。

 

 

 

2.12月24日@名古屋ドーム

 最初の挨拶の時、横山さん「好きって10回言って」→好き×10→「他のヤツに言うなよ」かっこよすぎて死んだ。

亮ちゃんの挨拶「錦戸サンタだよお。」かわいすぎた。

 

 

MCでは前日のMステ話と家族へのクリスマスプレゼント話

Mステではリーダータモさんと丸ちゃんリーダーががっつり抜かれた話に。丸ちゃん役はHey!Say!JUMPの八乙女君がやってるそう。←ほんまに知らんかった

でも八乙女君と丸ちゃんじゃちょっと違うよなあと思ってたら、他メンバーも思ったらしくうーんみたいな反応してた。気がした。

そしたらキスマイの宮田君はどう?みたいな話になって、それめっちゃいい!って思った(笑) 丸ちゃんと宮っちなら雰囲気似てるし絶妙なチョイス! これが実現されていつか3ショット抜かれる日が来ますように...

 

家族へのクリスマスプレゼント話。みんなちゃんと渡してるんだね~。偉いね~。大人だね~。私も社会人なのに、プレゼントとか恥ずかしくてしたことない← もっとちゃんとした社会人になろう。

丸ちゃんの妹へのプレゼント、妹からのプレゼント話ほんとほっこりした。素敵な兄弟だなあ。

 

ただこの時ひなちゃんが安くんから順番に話ふってて、順番にいけば最後は横山さん。それまでずっと両親にプレゼントあげるかって話してて、私は途中からずっと横山さんの番になったらどうしようってそわそわしてた。結果的には途中でスタンバイのために横山君とすばる君がはけたから横山さんの話は聞けなかったんだけど、最後丸ちゃんの話の時に、ひなちゃんが「丸はどうなの?丸ちゃん兄弟多いやんか。兄弟にプレゼント渡すの?(言葉はニュアンス)」ってそれまでの両親話から兄弟話に自然と変えてくれて。多分ひなちゃんは全くそんな意図なかっただろうし、私の考えすぎなんだけど、ひなちゃん本当出来る人、ひなちゃんありがとうって思った。

 

日替り曲の前に大倉君が「クリスマスにぴったりの曲です」って言うからみんなすごい歓声。それを聞いた亮ちゃんが「過度な期待は禁物やで!」とフォロー。結局ツブサニコイ。いや、良い曲だし好きな曲だし、アコースティックの雰囲気に合っててすごく良かったんだけど、冬の歌来る!?と少し期待してしまったからね?ちょっとがっかりしてしまったわ!大倉め!罪なヤツだ!

 

言ったじゃないかで、カメラに抜かれるたんびににっこにこで歌う安くんかわいすぎた~

 前向きの時振り間違えてあちゃーって感じで笑う大倉君かわいかった。全力で前向きダンスする安くんもかわいい。

象の1番横山さんソロパート、視線を右下から左下に移動させながら歌ってて、色気だだもれだった。

 

最後の挨拶の大倉くん、それまで激しくドラム叩いてたから、髪もぼさぼさでふわっとしてたのかわいかったあ。

 

アンコールはメンバーカラーのサンタ衣装。

気球でひなちゃんが投げキッスばらまいてた。

オモイダマで回転ステージで回ってる時、横山さん時々こてんって左に傾いてるのかわいすぎた。

 

最後バクステ移動してる時、謎のXコール。からの安くん紅歌う(超高音) しっかし上手い!

 

 

 

 3.1月14日@京セラドーム

最初の挨拶の亮ちゃん「俺が錦戸亮だー!(ジャーン)」バンドメンバーと息ぴったり。4回目ぐらいで突然近くのすばる君の前で錦戸亮だー!めちゃくちゃ近くて戸惑うすばる君。とにかくかわいい。良いきまずいをありがとう。

ほわほわ喋るすばる君かわいい。

丸ちゃんサンシャイン風の挨拶。それ聞いて感想言うもさっと捌けていって、私の大好物不憫な横山さん出たー!

ひなちゃん恒例の挨拶する時、土曜日という言葉がひっかかったメンバー。ひなちゃんが喋ろうとすると後ろでこそこそ喋る。ひなちゃん「後ろでこそこそ言うなよ!」横山さん「だってお前が土曜日とか言うから!」すばる君「けんかすな!」ああ、三馬鹿...

 

エイトレンジャーで、イエローブルーグリーンのつっこみ4回やる。すばる君もこのつっこみ気に入ってたんだね!分かるよ!すごくかわいいもんね!

 

イツマイすばる君落ちサビ、カメラ目線でにっこりダブルピース。かわいすぎる天使。

 

MC安くん俺節宣伝。

どんなバージョンでも出来るって言うから、メンバーバージョン(ひなちゃん、すばる君、亮ちゃん、横山さん)でやってみる。結構みんな特徴とらえてておもしろかった!

横山さんの手癖分かる~。横山さんは全然しっくりきてなかったけど、説明する時ほんとよくやってる!癖って本人は分かんないよね。あとすぐ蓋開けるって言うってすばる君言ってたのも分かる!

なんか横山さんってその時自分の中ではまってる言い回しあるよね。昔はよく結果って言ってたし。その時もすばる君にまだ結果出てないのに結果って言うってつっこまれてたな~

丸ちゃん日替りコーナー終わってからよこすば捌けるまで一言も喋ってなくて、私の大好きなすごい闇丸ちゃんだった。

 

 

日替り曲はcandy my love 。アレンジ良かった~。安くんのギターも難しそうだったし、横山さんのボンゴも結構細かく叩いてて難しそうだった。

亮ちゃんパート、キャンディマイラブのとこオクターブ 下で歌っててほんとセクシーだった。

大倉君マエケン体操してたー!

 

象始まる前の安くんギターソロ、すごく熱い演奏で大倉君に近づいて、大倉君も加わる。自然とセッションが始まってかっこよかったなあ。

象のベースで下アングルからで丸ちゃん抜かれた時、不敵な笑みを浮かべててほんっとかっこよくてゾクゾクした。

すばる君パートの生まれてくれてありがとうのとこ、ありがとうをすごく溜めて歌ってて、涙腺直撃。こちらこそありがとう。その後はもう泣きながら聞いてた。

 

アンコールのパーカー横山さん、彼氏味あるってTwitterで散々見てたけど、すごくよく分かった。なんかセットしてるかんじがないからかなあ?歌ってる時もなんか彼氏とカラオケ来てる感あった。

気球で亮ちゃんがぐらぐら揺らしてるのかわいかったあ!

ズッコケの時横山さんパートで、カメラをなめ回すように見ながら歌ってて、ひいいいいぃぃぃ!ってなった。かっこよすぎた。

横山さん指さして、その後腕でおっきく丸マークしてたの抜かれてて、珍しいなあと思ったのと、優しさ溢れる表情してて、なんか胸がきゅうってなった。好きと嫉妬が混ざったかんじ?

 

大倉君がこっちの島の方に走ってきた!と思ったら、見学席のWEST紹介!すごい歓声!

私はWESTももちろんだけど、その後ろの関ジュちゃん達が気になったよ。道枝君と恭平君とこじけんは分かった!

めっちゃシゲいじる亮ちゃん。ほんっとシゲのこと大好きだね。

 

 

 

ふう。とりあえず各公演書きたかったこと書けたー!

全体を通して横山さんは美しくて白かった!

あと本当に歌がうまくなった!ソロパートとか基本どきどきして、子供の発表会を見守る母のような気持ちで聞いてるんだけど、今回は本当に安定した歌だった。イツマイもオモイダマもソロパート安定してた。ハダカなんて、楽器も沢山やってて、本当に音楽面でエイトにしっかり貢献してて、感動した。

 

あとすばる君が花道でもトロッコでも終始柔らかくにこにこして手を振ってて、平和な空気が流れてた。

カメラに抜かれるたんびに、何かやってくれるんじゃないかと思って期待して見てたし、実際期待通りの表情見せてくれて、今回のツアーですばる君のファン絶対増えた!

 

 

賛否両論ある中、自分達の信じるかっこよさを見せてくれてありがとう。

私はエイトの信じるかっこいいがかっこいいと思うから付いていってるんだなあと改めて感じたツアーでした。

生の関ジャニ∞が1番最高で最強。

 

私だいたい普段から、まあいつ死んでも特に悔いとかないかなあと思ってるんだけど、(別に死にたいとかではないです!)昨日のひなちゃんの挨拶聞いて、やっぱりまだまだエイトに会いたいから死ねないって思いました。

 

 

今ごろ京セラはオーラスだなあ。もう終わったのかな?

今日はレポを漁って幸せを分けてもらって、明日からまた頑張る。またエイトに会うために頑張る。

とりあえず直近で横山さんの舞台挨拶!ダメ元で当然だけど、当たりますように!